2020/08/22
15年程前になるでしょうか。岐阜県美濃市、美濃和紙の里と呼ばれる街で素敵な月謝袋を見つけました。数年使用し、でも私の在庫が切れたので普通の茶封筒月謝袋にしました。そしたら生徒が結婚、出産を終えて戻ってきた時に「先生、あの月謝袋気にいっていたのですが……」と言われて再度導入!  数年は良かったのですが、この度無くなったので買いに行ったら廃盤になってしまいました。ですが無地の封筒としては売っていましたので自分で印刷することにしました。 そうそう、この月謝袋に出会った時「領収」印も作ってしまったんです。篆刻なので中国漢字なのですが、これもずっと愛用してます。

2020/07/29
フルート演奏時の飛沫問題はご存知かと思いますが、私はこのような透明シートを天井から吊り下げてレッスンをしています。友人のアドバイスも参考にこのように攻略しました。一人で練習する時、前にシートがあるのが嫌でしたし、移動式の何か大きな物でしたら置き場に困るので吊り下げ&収納できるものを作ってみました。そうなんです、ワイヤーを測って、切って、クリップに通してDIYしました!ホームセンターを巡って考えるのも楽しかったです。でも、いつかはこれを取り外す事も願って作りました。

2020/07/25
皆様こんにちは。私はこのブログの書き手、河田恭子です。15年ほど前になりますがSNS発信は私もブログからスタートしました。この度また復活しようと思います。何かしらを書き綴ろうと思いますがまずは「音との出会い」と題しまして幼少期を書いてみようと思います。では、どうぞお楽しみください!・・・・・・長女として生まれ、時は4歳。母の習い事斡旋でバイオリンと日本舞踊から私は始まりました。残念ながらバイオリンはグループでのレッスンであった為馴染めず直ぐに辞めてしまいました。今でも遠い記憶に他の方がレッスンを聴講し待っている雰囲気が残っています。どうやら団体行動が苦手なのは生まれつきみたいです(笑)。それと今とは違い、共働きの両親にとって時間を作る事は大変だったと思います。それに比べて日本舞踊は嫌な思い出がありません。多分それなりに気に入っていたのでしょうね。でもこちらは先生側の何かの都合でお稽古は終わってしまいました。写真は初舞台にして一生に一度となった演舞です。 そしてピアノのお稽古が始まるわけですが、それは次回に。